リンダマンワールド

ノマドで住所は地球な生き方をしながら、ライフハックを追求する自由人 林田真一(リンダマン)公式オフィシャルサイト。

ノマドで住所は地球な生き方をしながら、ライフハックを追求する自由人 林田真一(リンダマン)公式オフィシャルサイト。

Lindaman.World | 林田真一(リンダマン)公式オフィシャルサイト

ニュースキュレーション

「不安」はどこからやってくるか

人間はいつ頃から「不安」を感じるようになったのだろうか。出生と共にDNAに刻み込まれていた「不安」が飛び出してきたのだろうか。それとも成長し、社会経験を積み重ねていくプロセスで「不安」が生まれてきたのだろうか。 記事はコチラ

セブンイレブン、居酒屋殺しの100円生ビール販売へ

底上げと自社ブランドのセブンイレブン オタク向け一番くじで収益を稼ぐローソン イオン帝国の出向先ミニストップ 緑色のファミマ コンビニ界唯一の良心ヤマザキパン 北の大地セイコーマート 群馬の土 記事はコチラ

人が目指すべき「時間の使い方」のゴールとは?

「やりたいこと」があるけれど、いつも「やらなければならないこと」に追われ、日々が過ぎてしまう人が少なくありません。一方で、「どこにそんな時間があるの?」と聞いてみたくなるほど、次々と新しいことを成し遂げる人もいます。 記事はコチラ

長距離!超スピード!超耐荷重!最新配達ドローン「ATLIS」

フロリダのAergility社が開発中する最新ドローン「ATLIS」。8つの電動ローターとガスエンジン駆動のプロペラを機体後部に搭載し、約180kgの荷物を最大時速約160kmで運搬できる。 記事はコチラ

インスタグラム専用のダッシュボードアプリ『Command for Instagram』

インスタ疲れ…という言葉もちらほら聞くが、やはりインスタグラムをやっている人はまだまだ多い。 フォロアーがどれだけ増えたか減ったか、投稿数はどうだったか、といったことを分析できるのだ。 記事はコチラ

ハーバードの心理学研究でわかった、我が子に「感謝の習慣」を作る方法

「ほら、ありがとうって言いなさい」 ときどき道端で聞く親子のやりとりですが、できれば「自分から感謝の気持ちを伝えられるようになってほしい」と思っている親御さんも多いことでしょう。どうしたら子どもは自分から、感謝の気持ちを伝えられるようになるので…

"成功確率1%"の仕事を"99%"にする方法

「確率」の応用編として、今回はビジネスシーンで確率のことを考えてみたい。 たとえば、あなたに命じられた仕事が成功確率1%だとしよう。とても無理だと最初からあきらめモードになるかもしれない。 記事はコチラ

歴史上の天才は偉業を成す前にどうやって物事をイメージしていたのか?

何か新しい物事を始めようとする時、実際に手を動かす前にまず頭の中で考えてイメージすることが重要です。歴史に名を残すような天才はいったいどのようなイメージを展開していたのかを、科学・哲学ライターのザット・ラナ氏が発明家のニコラ・テスラを例に…

AIからスカウトメールがやってくるかも。Spotifyで新人を発掘するAI

互いの両面が活かせるのかも。良質なコンテンツや情報が増えるのは素敵なことですが、おかげで膨大なデータから適切な情報を見つけることが難しくなってきました。キュレーションやまとめサイトなんかはそれを代わりにやってくれていると言えますね。 記事は…

地方銀行の4割、本業で「3期連続以上の赤字」

地方銀行全106行のうち約4割の40行が、2018年3月期決算で、本業が3期以上連続で赤字となったことが金融庁の調査でわかった。人口減少や低金利で収益が悪化し、有効な打開策を打ち出せない苦境が改めて浮き彫りになった。 記事はコチラ

「石の上にも3年」と言ってくる人を、全員無視すべき理由

「どうすれば、一生食える人材になれるのか?」「このまま、今の会社にいて大丈夫なのか?」ビジネスパーソンなら一度は頭をよぎるそんな不安。北野唯我氏は、発売たちまち3万部を超えるヒットとなった『転職の思考法』で、鮮やかに答えを示した。「会社が守…

"成功確率1%"の仕事を"99%"にする方法

「確率」の応用編として、今回はビジネスシーンで確率のことを考えてみたい。 たとえば、あなたに命じられた仕事が成功確率1%だとしよう。とても無理だと最初からあきらめモードになるかもしれない。 記事はコチラ

オンリーワンを仕事にしてみたら

絶景プロデューサーの詩歩(しほ)です。今月よりこちらで記事を書かせていただくことになりました。 旅行のことはもちろん、SNSやマーケティング、地方創生だったりドローンだったりと、私のアタマの中にあることをゆる〜く書いていこうと思いますので、ど…

オウンドメディア・コンテンツマーケティング国内成功事例

自社でオウンドメディアやコンテンツマーケティングをして、本当にうまくいくのかと悩んでいますよね。オウンドメディアを活用していくには、戦略をもって実施していく必要がありますが、同時に成果を出している企業の事例を見て、自社との違いや戦略のフィ…

化粧や家事サボりたい 「のび太女子」増える

顔に貼るだけで洗顔できるマスクといった、サボることを前向きに捉えた日用品が相次ぎ登場している。仕事や家事に忙しいため、面倒なことに時間をかけたくないという女性が増えていることが背景にある。 記事はコチラ

成功するのは夢をタスクに落とし込める人 『起業1年目の教科書』著者が説く、人生を変える習慣

ビジネスとは誰かの問題解決である 今井孝氏(以下、今井) じゃあ、今、何ができるかという話を最後にしたいと思うんですけど、まず1つ目は「悩みを集める」ということです。 記事はコチラ

日本のエリートに欠ける「本質」見抜く力の源

今、私たちはどんな時代を生きているのだろうか。そんな問いを投げかけなければいけないほど、時代の変化は速い。 今世紀に入って、テロとの戦いやグローバリズムが急速に進み、従来の政治・経済の体制が揺らぎ始めている。インターネット上の情報は秒速より…

福岡発「無料タクシー」の意外と堅実な稼ぎ方

あるベンチャー企業がタクシー業界の常識をイチから変えようとしている。米ウーバー(Uber)やリフト(Lyft)のようなライドシェア(相乗り)サービスではない。広告の力で運賃を無料にしてしまおうという、「無料タクシー」だ。いったいどんなサービスなのか。 記…

できるマネジャーは、プロジェクト開始時に「KPI」「スケジュール」「○○」の3つを確定する

課長クラス以上のマネジャーにとって「会議術」は、チームの生産性を上げるために必須のスキルです。ところが、私たちには「会議術」を体系的に学ぶ機会がほとんどありませんから、悩んでいるマネジャーも多いのではないでしょうか? 記事はコチラ

頭の良さとは関係ない「天才たちの10の特徴」

天才と呼ばれる人たちは、自分の意見と異なる意見に対しても耳を傾けようとします。一つの考えに固執するより、広い視野で物事を考えることができるのです。しかし、彼らは人より決断に時間がかかるという面もあるのだとか。これは、何かを決める際きちんと…

なぜ今「信頼性」なの?? :GDPR時代のアイデンティティをSAP幹部に聞く

「C/4 HANA」を発表してCRMへの本気を見せたSAP、C/4 HANAを支える顧客データ部分を担うのが「SAP Customer Data Cloud」だ。SAPが2017年に買収したGigyaの技術が土台となっており、C/4 HANAの特徴である「合意をベースとした顧客との信頼のある関係」を実現…

インスタのフォロワーを増やす5つのポイントは?2018年版運用法

超一流の講師陣が惜しげなくノウハウを教えてくれる、と大人気のJECCICA勉強会が開催されました。第11回のテーマは『実践編 Instagram講座』。EC業界におけるSNSに精通した松本順士JECCICA理事が、2018年の最新版インスタグラム運用方法についてレクチャーし…

スマートフォン広告、約半数の広告主が主要SNSやYouTubeへ出稿【VRI調べ】

ビデオリサーチインタラクティブ(以下「VRI」)は、同社が提供するスマートフォン広告の広告統計サービス「SmartPhone Ads Report」の調査対象に、新たに主要SNSおよび動画サイトを追加したことによる集計結果の変化をとりまとめた。 記事はコチラ

ビットコイン長者、マルタで世界初の非中央集権型銀行を計画

ブルームバーグによると、計画には、ビットコイン長者のジャオ・チャンポ(Changpeng Zhao)が設立した仮想通貨取引所バイナンス(Binance)が出資している。 記事はコチラ

運賃は自由に決める。平成生まれベンチャーが進める「モビリティ革命」

ベンチャー企業Azit(アジット)が、この夏、鹿児島県の与論島でドライブシェアアプリ「CREW(クルー)」の実証実験を行うとして、話題を呼んでいる。 記事はコチラ

運のいい人ほどいつも言うことが違うワケ

「運を開く」ために必要な考え方とは何か。バラエティプロデューサーの角田陽一郎さんは、初代総理大臣・伊藤博文を例に引いて、「ひとつの考えに固執せず、風見鶏のように対応を変えるスタンスこそがいい結果を招く」と分析します。 記事はコチラ

「無駄にバタつかなくなる」3つの法則

いつも落ち着きがなくバタつく人がいる一方で、どんと構えて余裕のある人がいます。この違いは、たった1つ、「全体を見通しているかどうか」です。 記事はコチラ

速報:新型MacBook Proが突如発表。第8世代Core採用で最大6コアCPU、RAMは最大32GB

アップルは第8世代の6コアIntelプロセッサ(Core i5およびCore i7)を搭載した 新型MacBook Proを発表しました。アップグレードが発表されたのはTouch Barモデルのみで、非Touch Barモデルには更新がありません。 記事はコチラ

数秒審査、翌月払いの決済サービス「Paidy」が伊藤忠らから約60億円を調達

決済サービス「Paidy(ペイディー)翌月払い」を提供するPaidyは7月12日、伊藤忠商事やゴールドマン・サックスらを引受先とする第三者割当増資により、総額5500万ドル(約60億円)を調達したことを明らかにした。 記事はコチラ

会社を辞め順風満帆だった僕がなぜ「生きてる価値がない」と思い詰めたのか。

リクルートを退社して、2017年1月に複業研究家として独立した西村創一朗さん(30)。フリーになった後も、人事コンサルタントやメディア出演の仕事も順調に入り順風満帆、のはずだった。 記事はコチラ