リンダマンワールド

ノマドで住所は地球な生き方をしながら、ライフハックを追求する自由人 林田真一(リンダマン)公式オフィシャルサイト。

ノマドで住所は地球な生き方をしながら、ライフハックを追求する自由人 林田真一(リンダマン)公式オフィシャルサイト。

Lindaman.World | 林田真一(リンダマン)公式オフィシャルサイト

記事

第二の維新を起こすためには

江戸時代が終わってから、もう150年以上経つ。 日本人は自分の祖先が侍であったことを誇っていたが、今やもう侍というものはこの日本からはもう、いなくなってしまった。 しかしながら、侍の世が終わってしまったことを否定する人はあまりいないのではないだ…

生きる意味を自分で作ろう

これから、世の中は大きく変わってしまう。 とりわけ、コンピューターやAIの発展は私たちの住んでいる世界を住んでいる世界を大きく変えてくれるに違いない。 そんな大きな変化の中でなくなってしまう仕事も数多くあるだろう。 どう生きるかについて、話して…

普通じゃないお金持ちの思考法

お金持ちは非常に自分に自信を持って生きている。 自信の裏付けは自分の膨大な富である。 しかしながら、お金持ちになるということは並大抵のことではない。 お金持ちになるためには、非常に大きな成功を収める必要がある。 どうすればいいのだろうか? 普通…

愛に関する不都合な真実

この世の中は愛でできている。 色々批判はあるだろうが、私はそう思っている。 しかし、世の中で愛は過度に美化されている。 そんな愛の不都合な真実について語っていこう。 愛とは不平等である やたら愛される人もいれば、悲しいほど愛されない悲しい人間も…

完璧な計画なんてない

完璧、それは仕事では非常に求められることではないだろうか? 例えば、顧客に寄り添った完璧なサービスや、完璧なビジネスプラン、完璧な安全性などだ。 しかし、上記はどれもありえない。 人によって嬉しいと思えるサービスは異なるだろうし、いつだってう…

なぜ、交友関係を厳選する必要があるのか

付き合う人や、友達、職場を選ぶときには非常に慎重な判断をする必要がある。 なぜ、そうする必要があるのだろうか? 今回は、交友関係をなぜ選ばなければならないのかについて、話していこう。 どうしても他人と合わせていかないといけない 学校や、職場、…

日本企業の無駄な習慣

現在、日本経済は衰退し、多くの企業がこれからは人手不足、大赤字、倒産といった悲惨な運命を辿るのは間違いない。 それなのに、多くの日本企業は愚かな習慣に明け暮れ、倒産を首を洗って待っているようにしか思えない。 非常に愚かしく、不謹慎にも笑いが…

対等な関係が築けない日本人

ほとんどの日本人はコミュニケーション能力が根本的に欠けている。 なぜなら、日本人は自分の立場や常識でしか会話ができないからである。 日本人は内向きだと言われているが、日本人が内向きになっているのではなく、外国人が日本人と相手をするのは疲れる…

お酒はもっと控えるべき

お酒の飲み過ぎは体に良くない。 ほとんどの人はその事実を知っているだろう。 しかし、どこからが、飲み過ぎなのか、どれだけ飲めば健康を害してしまうのだろうかということを知っている人はあまりいないのではなかろうか。 今回は、飲酒がどこまでなら、健…

自分だけのルートを切り開こう

偉大になるためには、オリジナルで画期的な方法をとる必要がある。 けれども、安易な道に逃げてしまいそうな時もある。 それは、自分たちの選考者たちの真似をしてしまうことだ。 彼らの意見は、真理も多く含んでおり、役に立つことも多いだろう。 しかし、…

いいものを作ればいいということは嘘だ

日本では非常に技術が大切にされている。 もはや、技術信仰といってもいいほどである。 けれども、どれだけ高い技術があっても、それが企業の好業績につながっているとは言い難い。 技術力のある企業=いい企業という考えをの人を論破していこう。 この技術…

W杯の判定について

サッカーW杯、それはサッカーで世界一を決めるスポーツの国際大会である。 世界で最も人気があるスポーツだと言われているサッカーだが、非常にサッカーのW杯は注目度が高い。 世界中の人々が試合をテレビやネットなどで観戦し、非常に世界中で盛り上がる。 …

自動車業界に訪れる新たな変化とは

日本で非常に盛んな業界といえばやはり自動車業界であろう。 トヨタ、ホンダ、日産、マツダなど、世界的な自動車企業が揃っている。 中でも、トヨタの業績は凄まじいとしか言いようがない。 トヨタは、近年、業績が好調であり、利益も2兆円と凄まじい。 しか…

働きやすい社会を作るために

少子高齢化が進み、生産年齢人口の現象も甚だしい中で、政府は働き方改革によって労働者一人一人の生産性を上げることを狙っている。 しかしながら、労働時間が減ったり、効率的に仕事をこなすようにしても、生産性の向上を妨げるものがたくさんある。 自分…

効率よく仕事をこなすためには

仕事では、様々な物事を同時に任されることが非常に多い。 一つ二つどころではなく、それ以上同時に仕事を任されるといったことは珍しくない。 そのような時、ただがむしゃらに仕事をこなしても、締め切りに間に合わずどんなに頑張っても、周りからの評価を…

閉塞した企業の特徴とは

企業の発展には自由な発想が不可欠である。 なぜなら、他社との競争に勝つためには独自の商品や技術、サービスが必要であり、そのためには新しい挑戦と自由な雰囲気が必要である。 しかし、逆に管理や抑圧によって自由な発想を妨げる企業は良くない。一時的…

日本の大学生の危機的な現状

日本の大学生の学力は低下している。 それは、以前から言われており、なぜ学力が下がったのかと言う議論が行われている。 大学生が増えたからだということを主張している人もいるが、難関校と呼ばれる大学でも、英語力はTOEICレベルにとどまっていることが多…

ネットで高評価を得る方法

ツイッターやFacebookで、有名人でもないのに非常に多くのリツイートやいいねなどをもらう人がいる。 どのような投稿をしたら、他のユーザーからの反応を得ることができるだろうか? ここでは、人気のある投稿を作る方法をまとめてみた。 相手が思っているこ…

死んだ後の意外な後始末とは

人間はいつかは死ぬ。 絶対死んでしまうのだ。 人間は、死について様々なことを昔から考えてきた。 哲学や科学といった分野では、死は非常に重要な関心ごとであったし、もっと俗っぽい分野では、相続問題があげられる。 死についての議論や、遺産になるほど…

優秀な人材を獲得するには

近年人手不足によって、若い力を欲しがっている企業が増えている。 けれども、新卒採用は人気業界と不人気業界の差が非常に激しく、人気企業には人が集中するけれども、不人気業界は人手不足に非常に苦しんでいる。 採用担当者も、自社の魅力をアピールする…

なぜAIが恐ろしいと言われるのか

AIの恐怖。 それは多くの場合、AIによってSFに出てくるディストピアのような世界になってしまうと考えられている。 具体的には、人間がAIの言うがままに操られてしまうといったような感じである。 100年以内に、AIは人間を超えてしまうため、人間がAIの奴隷…

販売戦略にかからないためには

みなさんは、買い物に行く時、どのような判断をしているだろうか? 衝動的? もしくは、理性に基づいている? 衝動的だと思っている人は、その習慣を正せばいいだけだが、理性的に買い物をしている人は、本当に理性的に行動しているだろうか? お店の罠にか…

お金持ちを超えたお金持ちの消費とは

多くの人が、お金をもっと必要としている。 仕事のため、教育のため、趣味のためと用途は様々だ。 あなたも、もっとお金があれば色々な物事が欲しいと思っているだろう。 私もそうだ。 けれども、私たちの想像を超えた収入を得ている大富豪は、どのような生…

不安が挑戦を遠ざける

能力があっても、大きな成功を納めたとしても、自分に自身が持てず、悲観的になったり、挑戦やリスクを嫌う。 そんな風に感じてしまうことはないだろうか? 大きな成功を納めていて、他者からの評価が高くても、本当の自分はそんなに大したものではなく、つ…

怒らない人の特徴とは

やたら怒りっぽい人がいるいる一方で、大抵の人が怒るようなことでも、滅多に怒らない人がいる。 なぜ怒らないのだろうか? 怒らないのには何らかの理由があるだろう。 それを見てみよう。 怒りを覚えるような相手には興味がない なぜ、怒るのか。 それはな…

ちょっとした会話を乗り切る方法

私たちは、仕事などで多くの人と会ったりするが、彼らとは黙々と仕事をしたり、仕事の会話だけをするような関係ではない。 仕事とは関係のない雑談をすることもしばしばあるだろう。 けれども、会話力に自信のない人は何を話せばいいのかわからず、困ってし…

ミスを一発で大逆転する会話術

よく、うっかりミスや滑ってしまうようなギャグ、失言などを言ってしまい、周りが危ない雰囲気になってしまう。 そのような経験をすることは決して珍しいことではないだろう。 けれども、そのような局面でどのようにリカバリーするかがあなたのコミュニケー…

リタイア後にどう過ごすか

定年後をどのコミュニティで過ごすか? 定年が60歳か、65歳。 再雇用や嘱託で70歳くらいまで働けるかもしれない。 しかし、それから先はあなたは会社という慣れ親しんだコミュニティに属することができなくなってしまう。 しかし、定年後のあなたが、もし元…

超強力なシンガポール政府

シンガポールといったら、どのようなものを思い浮かべるだろうか? マーライオンや、ビジネス街、それとも、厳しい法律だろうか? シンガポールの政府は実は非常に強権的な政府である。 けれども、そんな強権的な政府だからこそ、できた政策やなすことのでき…

虐待をする親から子供を隔離せよ

深刻な虐待 近年、虐待事件が相次いでいる。 虐待とは、単なる体罰ではない。 体罰の範疇をはるかに超えた子供を傷つける行為である。 虐待にも、肉体的、精神的など様々な虐待があるが、そのどれもが、子供をひどく傷つけ、トラウマを植え付け、物によって…