リンダマンワールド

ノマドで住所は地球な生き方をしながら、ライフハックを追求する自由人 林田真一(リンダマン)公式オフィシャルサイト。

ノマドで住所は地球な生き方をしながら、ライフハックを追求する自由人 林田真一(リンダマン)公式オフィシャルサイト。

Lindaman.World | 林田真一(リンダマン)公式オフィシャルサイト

販売戦略にかからないためには

f:id:nomind:20180711213752j:plain

みなさんは、買い物に行く時、どのような判断をしているだろうか?

 

衝動的?

 

もしくは、理性に基づいている?

 

衝動的だと思っている人は、その習慣を正せばいいだけだが、理性的に買い物をしている人は、本当に理性的に行動しているだろうか?

 

お店の罠にかかってはいないだろうか?

 

割引品にある裏

割引品が非常にお得だと感じたのでついつい購入してしまう。

 

そういう人は非常に多い。

 

けれども、その商品は実は割引後の価格で売ることを店舗側は想像しているかもしれない。

 

だとしたら、全然お買い得ではない。

 

また、安いと思った商品でも、なぜあなたが安いと思ったかで、買うべきか買わないべきかが大きく変わる。

 

他の商品より安かったから安いと思ったのならば、安いと思っても、値段に見合った価値があるのかという問題とは別問題だし、商品のクオリティーに比して非常に安いと思って、それが必要ならばぜひとも買うべきである。

 

見せかけの安価な商品に騙されてはいけないのだ。

 

場所の問題

もしあなたが庶民的なショッピングセンターで買い物をしているときに、3万円の商品が置いてあるのと、超高級ブティックに3万円の商品があるのとは、大幅にその商品の見方も変わるだろう。

 

ショッピングセンターでは安いと思った商品でも、超高級ブティックに行けば、たちまちお値打ち品と勘違いしてしまうだろう。

 

もちろん、超高級ブティックで買うことも、非常に価値のあることだとは思うが、本当に値段に見合う価値があるかは別問題である。

 

雰囲気にも流されてはいけないのだ。

 

安い商品のついで買い

安価な商品を売るお店でも当然、お店は販売戦略で客に買わせようとしかけるのだ。

 

安い商品ならちょっと余分に買ってもいいかと思わせることで、私たちはついつい無駄遣いをしてしまう。

 

本当に買う必要があるのかをチェックしよう。

 

無駄な買い物

たくさん買うと割引といったセールは日常茶飯事だ。

 

けれども、安くてもたくさん買う必要はあるだろうか?

 

とりわけこのような事態は食料品で多く起こりうる。

 

お店側はたくさん商品を売ることで、食品の品質が悪くなる前にできるだけ多くを売りさばきたいと思っている。

 

そのため、たくさん買ってくれる人には、割引をすることで在庫を裁こうとしているのだ。

 

けれども、そんなに大量に消費しない人たちにとっては無用の長物である。

 

差で商品を選ばない

似たような機能の商品でも、性能も違えば値段も違う。

 

ついつい私たちは、高機能な商品を高価格で買ってしまう。

 

けれども、それは本当に必要だろうか?

 

いらない機能が多く含まれているようなら、切り捨てて低機能の廉価版を買ってしまおう。

 

そうすれば、あなたは無駄金を使うことがない。

 

このように巧みな販売戦略から逃れ、効率的な買い物をしよう。