リンダマンワールド

ノマドで住所は地球な生き方をしながら、ライフハックを追求する自由人 林田真一(リンダマン)公式オフィシャルサイト。

ノマドで住所は地球な生き方をしながら、ライフハックを追求する自由人 林田真一(リンダマン)公式オフィシャルサイト。

Lindaman.World | 林田真一(リンダマン)公式オフィシャルサイト

日本の大学生の危機的な現状

f:id:nomind:20180713045948j:plain

日本の大学生の学力は低下している。

 

それは、以前から言われており、なぜ学力が下がったのかと言う議論が行われている。

 

大学生が増えたからだということを主張している人もいるが、難関校と呼ばれる大学でも、英語力はTOEICレベルにとどまっていることが多く、世界標準の英語で討論するスタイルを身に付けている人は少数派だ。

 

同じ大卒でも日本と海外では雲泥の差がある。

 

なぜだろうか?

 

日本と海外のエリートの根本的な差

日本のエリートといったら、優秀な大学の学部を四年で卒業し、年収が高い大手優良企業に新卒で入社し、バリバリ働くことであろう。

 

しかし、海外のエリートは、そのような様式にはとらわれない生き方をする。

 

就職や結婚といったライフステージも人によるものであると割り切って、自分の行き方をするのだ。

 

海外の大学生は、自分のやりたいこと、伸ばしたいことに全力を注いで生きている。

 

しかし、日本の大学生は、社会の固定概念になぞる形で生きている学生があまりにも多い。

 

これでは、日本と海外との間にあまりにも多くの差がついてしまうだろう。

 

非常に危機感を持たないといけないのではないか。

 

競争力を失う日本の大学

現在、日本に留学に来る大学生の数は増加している。

 

しかしながら、日本の大学は留学生の受け入れ体制に問題がある。

 

それは言語の問題だ。

 

日本の大学は、日本語で授業をする大学がほとんどである。

 

だから、留学生は授業を受けるのが難しい。

 

しかし、海外の大学では英語による授業が行われている大学が非常に多い。

 

そのため、留学生は海外の大学に流れてしまうのである。

 

これでは、勉強熱心な留学生を集めることができず、日本の大学の世界的影響力はどんどん低下していってしまうのである。

 

さらに、日本の大学生が影響力の強い海外の大学に行くことができるかと言われたらそうではない。

 

海外の大学に行くには非常に高い語学力が必要である。

 

ビジネスレベルをはるかに超えたアカデミックな議論ができなければいけないのである。

 

それにもかかわらず、日本の大学生は、ビジネスレベルに到達するかしないかくらいの英語力しか有していないものがあまりにも多すぎるのである。

 

これでは日本の大学のガラパゴス化が進行してしまい非常に深刻である。

 

日本人が内向きだというわけではなく、日本人の語学力が危機的であるということである。

 

大学の活性化のために

意志も、学力も高い海外の大学生に日本の大学生はいかにして太刀打ちすることができるだろうか?

 

手っ取り早い方法は日本に優秀な留学生をたくさん呼ぶことだ。

 

優秀な留学生のおかげで、日本の大学生の奮起を促せる。

 

ぜひとも留学生で大学を活性化させていくべきだろう。