リンダマンワールド

ノマドで住所は地球な生き方をしながら、ライフハックを追求する自由人ハヤシダシンイチ(リンダマン)公式オフィシャルサイト。

住所は地球な生き方をしながら、ライフハックを追求する自由人 ハヤシダシンイチ(リンダマン)公式オフィシャルサイト。

Lindaman.World | 林田真一(リンダマン)公式オフィシャルサイト

2018-07-16から1日間の記事一覧

普通じゃないお金持ちの思考法

お金持ちは非常に自分に自信を持って生きている。 自信の裏付けは自分の膨大な富である。 しかしながら、お金持ちになるということは並大抵のことではない。 お金持ちになるためには、非常に大きな成功を収める必要がある。 どうすればいいのだろうか? 普通…

愛に関する不都合な真実

この世の中は愛でできている。 色々批判はあるだろうが、私はそう思っている。 しかし、世の中で愛は過度に美化されている。 そんな愛の不都合な真実について語っていこう。 愛とは不平等である やたら愛される人もいれば、悲しいほど愛されない悲しい人間も…

完璧な計画なんてない

完璧、それは仕事では非常に求められることではないだろうか? 例えば、顧客に寄り添った完璧なサービスや、完璧なビジネスプラン、完璧な安全性などだ。 しかし、上記はどれもありえない。 人によって嬉しいと思えるサービスは異なるだろうし、いつだってう…

なぜ、交友関係を厳選する必要があるのか

付き合う人や、友達、職場を選ぶときには非常に慎重な判断をする必要がある。 なぜ、そうする必要があるのだろうか? 今回は、交友関係をなぜ選ばなければならないのかについて、話していこう。 どうしても他人と合わせていかないといけない 学校や、職場、…

「不安」はどこからやってくるか

人間はいつ頃から「不安」を感じるようになったのだろうか。出生と共にDNAに刻み込まれていた「不安」が飛び出してきたのだろうか。それとも成長し、社会経験を積み重ねていくプロセスで「不安」が生まれてきたのだろうか。 記事はコチラ

セブンイレブン、居酒屋殺しの100円生ビール販売へ

底上げと自社ブランドのセブンイレブン オタク向け一番くじで収益を稼ぐローソン イオン帝国の出向先ミニストップ 緑色のファミマ コンビニ界唯一の良心ヤマザキパン 北の大地セイコーマート 群馬の土 記事はコチラ

人が目指すべき「時間の使い方」のゴールとは?

「やりたいこと」があるけれど、いつも「やらなければならないこと」に追われ、日々が過ぎてしまう人が少なくありません。一方で、「どこにそんな時間があるの?」と聞いてみたくなるほど、次々と新しいことを成し遂げる人もいます。 記事はコチラ

長距離!超スピード!超耐荷重!最新配達ドローン「ATLIS」

フロリダのAergility社が開発中する最新ドローン「ATLIS」。8つの電動ローターとガスエンジン駆動のプロペラを機体後部に搭載し、約180kgの荷物を最大時速約160kmで運搬できる。 記事はコチラ

インスタグラム専用のダッシュボードアプリ『Command for Instagram』

インスタ疲れ…という言葉もちらほら聞くが、やはりインスタグラムをやっている人はまだまだ多い。 フォロアーがどれだけ増えたか減ったか、投稿数はどうだったか、といったことを分析できるのだ。 記事はコチラ

ハーバードの心理学研究でわかった、我が子に「感謝の習慣」を作る方法

「ほら、ありがとうって言いなさい」 ときどき道端で聞く親子のやりとりですが、できれば「自分から感謝の気持ちを伝えられるようになってほしい」と思っている親御さんも多いことでしょう。どうしたら子どもは自分から、感謝の気持ちを伝えられるようになるので…

"成功確率1%"の仕事を"99%"にする方法

「確率」の応用編として、今回はビジネスシーンで確率のことを考えてみたい。 たとえば、あなたに命じられた仕事が成功確率1%だとしよう。とても無理だと最初からあきらめモードになるかもしれない。 記事はコチラ

歴史上の天才は偉業を成す前にどうやって物事をイメージしていたのか?

何か新しい物事を始めようとする時、実際に手を動かす前にまず頭の中で考えてイメージすることが重要です。歴史に名を残すような天才はいったいどのようなイメージを展開していたのかを、科学・哲学ライターのザット・ラナ氏が発明家のニコラ・テスラを例に…

AIからスカウトメールがやってくるかも。Spotifyで新人を発掘するAI

互いの両面が活かせるのかも。良質なコンテンツや情報が増えるのは素敵なことですが、おかげで膨大なデータから適切な情報を見つけることが難しくなってきました。キュレーションやまとめサイトなんかはそれを代わりにやってくれていると言えますね。 記事は…

地方銀行の4割、本業で「3期連続以上の赤字」

地方銀行全106行のうち約4割の40行が、2018年3月期決算で、本業が3期以上連続で赤字となったことが金融庁の調査でわかった。人口減少や低金利で収益が悪化し、有効な打開策を打ち出せない苦境が改めて浮き彫りになった。 記事はコチラ

「石の上にも3年」と言ってくる人を、全員無視すべき理由

「どうすれば、一生食える人材になれるのか?」「このまま、今の会社にいて大丈夫なのか?」ビジネスパーソンなら一度は頭をよぎるそんな不安。北野唯我氏は、発売たちまち3万部を超えるヒットとなった『転職の思考法』で、鮮やかに答えを示した。「会社が守…

"成功確率1%"の仕事を"99%"にする方法

「確率」の応用編として、今回はビジネスシーンで確率のことを考えてみたい。 たとえば、あなたに命じられた仕事が成功確率1%だとしよう。とても無理だと最初からあきらめモードになるかもしれない。 記事はコチラ