リンダマンワールド

ノマドで住所は地球な生き方をしながら、ライフハックを追求する自由人ハヤシダシンイチ(リンダマン)公式オフィシャルサイト。

住所は地球な生き方をしながら、ライフハックを追求する自由人 ハヤシダシンイチ(リンダマン)公式オフィシャルサイト。

Lindaman.World | 林田真一(リンダマン)公式オフィシャルサイト

2018-07-29から1日間の記事一覧

WeChat Payと無人コンビニの実態、日本の電子決済はどうなるのか -深セン決済事情レポート

私は、6月末に深センを訪れ、電子決済の波に関して、WeChat Payを運営するテンセント社の関係者に対するインタビューを行った。本記事は、インタビューでわかったことと、実際に現地で起きていることについてレポートする。さらに、日本の電子決済が進むのに…

シベリアの永久凍土の中で4万年も凍りついていた虫が息を吹き返す

シベリアの氷の大地で長い時間にわたって凍りついてきた線虫の一種が、実に4万2000年ぶりに息を吹き返して活動を再開していることが明らかにされました。 記事はコチラ

「iPad Pro」に縦向きの「Smart Keyboard」を取り付けたコンセプトイメージが衝撃のダサさ

ベゼルレスデザインの新型「iPad Pro」はヘッドホン端子を廃止する他、「Smart Connector」の位置はLightningコネクタに近い背面下側に移動することから「Smart Keyboard」は横向きではなく、縦向きで使用する仕様になる可能性がある。 記事はコチラ

仮想通貨「TRON」の運営元、P2Pファイル共有サービスのBitTorrentを買収

分散型ファイル共有サービスを手がけるBitTorrentは、仮想通貨(暗号通貨)「TRON(トロン:TRX)」の運営元であるTron Foundationに買収されたと発表した。Tron Foundationは、BitTorrentの全サービスおよび製品を獲得した。 記事はコチラ

日本がいつまでたっても「アメリカの子分」をやめられない理由

「国内で起きた米兵による犯罪を、日本の法律では裁けない」。 記事はコチラ

今すぐできる! 心の知能指数「EQ」を鍛える21の方法

今日から始めよう。 Sebastiaan ter Burg/Flickr 心の知能指数(EQ)は、自分と他者の感情を認識し、それをやりくりする能力だ。 研究によると、高いEQは仕事上の成功や人間関係の構築に役立つという。 記事はコチラ

幕末の志士たちは「テロリスト」だった

幕末に尊王攘夷を掲げた志士たちの実像は、為政者や時代の空気によって書き換えられている。『志士から英霊へ』を書いた東京大学大学院人文社会系研究科の小島毅教授に聞いた。 記事はコチラ

本物の富裕層は「服装」への意識レベルが高い

明治維新でチョンマゲを切って洋服を選んだにもかかわらず、150年たっても変な着こなしをしているのが日本人。ワシントンで世界のエリートとともに非言語コミュニケーションを学び、ニューヨークでビジネスを展開してきた安積陽子氏の著書『NYとワシントンの…

ロールスロイス、「空飛ぶタクシー」開発へ:2020年代前半に運用開始へ

英航空機エンジン製造大手のロールスロイスは15日、2020年代前半にも「空飛ぶタクシー」の実用化を目指すと発表した。4、5人乗りで約500マイル(約800キロ)の距離を最高時速250マイル(約400キロ)で飛行する構想だ。 記事はコチラ

顧客満足度を下げず社員も犠牲にしない「生産性向上」の方法

小宮一慶の週末経営塾 経営課題を抱えて日々悩む経営者に向けて、数々の企業経営者に伴走してきた経営コンサルタントの小宮一慶氏が課題解決の「ヒント」を提供。 記事はコチラ

セブンイレブンのシステムを半年で作った男の「異常」なスピード感

日本人の働きすぎへの反省から「働き方見直し」が叫ばれています。もちろん大切なことですが、勝負がかかった場面では、それこそ時間を惜しんで働かなければ敗れてしまうのもまた事実。 記事はコチラ

働き方改革を加速するオフィス作りの新発想

働き方改革の加速で、新たなオフィス作りを模索する動きが加速している。情報通信技術(ICT)を駆使した働き方のデータ化やキャンプ用テントの設置など、従来ではなかった技術や発想をオフィス作りに生かす。 記事はコチラ

グーグルのウェイモ、ウォルマートと提携…自動運転車で送迎サービス

グーグル(Google)の自動運転車開発部門、ウェイモは7月25日、米国に本拠を置く世界最大のスーパーマーケットチェーン、ウォルマートと提携すると発表した。 記事はコチラ

資生堂が家庭用IoTスキンケアシステム開発 日々の肌変化に合わせた美容液と乳液を提供

資生堂は2018年春、IoT(Internet of Things)を活用した家庭用スキンケアシステム「オプチューン(OPTUNE)」を発売する。同社は近年スキンケアやメイクのパーソナライズ化を促進しており、同システムもその一として開発。 記事はコチラ

コンビニがおにぎりを2つ多く仕入れる理由――顧客に“響く”データ活用のコツ

ネットコマースさんと10年近くやっているITソリューション塾には、実にいろいろな方が参加しています。講義は私たちが一方的に話をする講座形式のものがほとんどですが、その後に開いている「反省会」(ギョーザを食べ、ビールを飲みながら世界政治(?)を…