リンダマンワールド

ノマドで住所は地球な生き方をしながら、ライフハックを追求する自由人ハヤシダシンイチ(リンダマン)公式オフィシャルサイト。

住所は地球な生き方をしながら、ライフハックを追求する自由人 ハヤシダシンイチ(リンダマン)公式オフィシャルサイト。

Lindaman.World | 林田真一(リンダマン)公式オフィシャルサイト

幸福に生きるために必要な友人の数は「148人」らしい

f:id:wabom37:20180510234632j:plain

 

「一年生になったら、友達100人できるかな?」

 

誰もが聞いたことがある有名な童謡です。

幼い頃、これからたくさん友達ができるということにワクワクした経験がある人はいるでしょう。

 

実際、人間には何人の友だちが必要なのでしょうか?

友達は100人じゃなくて148人!?

さかのぼること1990年代初頭、イギリスの人類学者ロビン・ダンバー博士は、「人間が社会的関係を維持していける人数は平均148人であり、これは大脳の新皮質の大きさによるものである」という興味深い結論に達しました。

 

社会的情報処理の量が増えるほど、認知に要するエネルギーが多く必要になるので、148人ぐらいが人間の脳の力の限界なのだそうです。

 

現在は、SNSの発達により、Facebookの友達人数が何百人という人はたくさんいると思いますが、そのうちのほとんどの人のことは本気で気にかけてはいません。

 

その後、ダンバー博士は、親しい150人との関係は、1つの塊になっているのではなく、むしろいくつかの層になっていると考えました。

最も親しい層に属すのは3人から5人で、その次の層には15人、さらに次は50人、といった具合です。

 

3人から5人の層は、「生きていくのに必要な友情」、すなわち「親しい友人同士のインナーサークル」を形成しています。

この層に属しているのは、人生になくてはならない人たちで、定期的に会い、個人的な事柄を話し、強い感情的つながりを保つ人たちです。

人生に友達はなくてはならないのか?

では、本当に人生に友達はなくてはならないのでしょうか?

 

もし、本気で友達はいなくてもいいと思っているなら、それはあなたがまだ本当の友達に出会っていないからでしょう。

 

確かに、友達がいなくても生きていけるかもしれません。

しかし、本当の友達との出会いは、人生の醍醐味です。

 

家族ではない、全くの他人が、人生を共にし、なくてはならない存在になるという奇跡は、あなたに生きる喜びを与えてくれます。

 

人生という旅の中で、奇跡のような出会いが待っているのです。

 

もし、まだそのような出会いをしていないのであれば、148人の友達は必ずしも必要ではありませんが、たった1人のかけがえのない友達と出会うために、アクションを起こしてみてください。