リンダマンワールド

ノマドで住所は地球な生き方をしながら、ライフハックを追求する自由人 林田真一(リンダマン)公式オフィシャルサイト。

ノマドで住所は地球な生き方をしながら、ライフハックを追求する自由人 林田真一(リンダマン)公式オフィシャルサイト。

Lindaman.World | 林田真一(リンダマン)公式オフィシャルサイト

ロボット化する車とは 新時代の自動車

f:id:nomind:20180606135939j:plain

最近、自動車の技術革新が著しい。

最新の自動車には、カーナビや衝突停止システム、盗難防止システムなどといった、数々の装備を見ると、ここ最近の自動車の進歩に驚くとともに、自動車が電子装備の塊であるということに実感させられる。

さらに、ここ最近では自動運転車が話題となっているが、自動運転車が自動車の役割を根本的に変えうることができる画期的な技術である。

今回は、自動運転車がどのように自動車というものを変えていくかをお伝えしたい。

 

自動運転の必要性とは

自動運転が画期的な技術とはいっても、まだまだ発展途上な技術であるため課題も大きい。

技術の向上はもちろんのこと、インフラ整備や法整備、保険制度の改革など、課題はいくらでもある。

そんな課題山積みの技術になぜ注目が集まっているのか。

それは、高齢運転者による事故の多発や、運輸業界の人手不足などの問題を解決する有効な手段として注目を集めている。

しかし、自動運転車はそれよりも大きく自動車というもののあり方を変えていくだろう。

 

自動車の変化

自動運転によって運転する必要がなくなることで大きな変化が起きている。

運転する必要がなくなったため、乗員の居住性が重視されるようになり、席を向かい合わせにしてくつろげるようにできるコンセプトカーが出店されるなど大きな変化が起こる兆しができている。

しかし、自動運転によるイノベーションはこのような自動車の変化だけにはとどまらない。

自動運転車をシェアすること

近年、とりわけ若年層の間ではシェアリングエコノミーがどんどん普及しているが、自動車においても同じだ。

自動車を保有することよりも、必要な時だけ借りた方が効率がいいと思う人が増えている。

そのような時代においてカーシェアリングがどんどん普及している。

しかし、自動運転車をカーシェアリングしたら、どのようなものになるだろうか?

それは、無人の自動運転タクシーのようなものになるだろう。

 

自動運転車のオーナーというビジネス

もし、自動運転車を何台も保有して、必要としている人々に貸し出すことができたらとても大きなビジネスではないだろうか?

AIが搭載された自動運転車は、非常に効率よく配車され、燃料が切れそうになったとしても、業務に支障が出ないように、空いている時間に自動運転車の判断で、ガソリンスタンドや、電気自動車の充電スタンドに向かうようになるのだ。

このような社会が訪れるのを予想することはさほど難しいことではないだろう。

 

日本ではどのような展開がされるのだろうか

ここまで、自動運転車の未来と展望を描いてきた。

しかし、日本がすぐにこのような変化を受け入れることができるのだろうか?

自動車産業や交通網が発達している日本では、従来の自動車産業界や、交通機関が自動運転車の発展を阻害する可能性があるだろう。

逆にかえって自動車産業が未発達の地域ほど、自動車産業界の力が弱いため、自動運転車を受け入れやすいだろう。

果たして、日本は自動運転車を有効活用できるだろうか?