リンダマンワールド

ノマドで住所は地球な生き方をしながら、ライフハックを追求する自由人 林田真一(リンダマン)公式オフィシャルサイト。

ノマドで住所は地球な生き方をしながら、ライフハックを追求する自由人 林田真一(リンダマン)公式オフィシャルサイト。

Lindaman.World | 林田真一(リンダマン)公式オフィシャルサイト

色々な絵画を見ることができる額縁?

f:id:nomind:20180606162816j:plain

我が家にも美しい絵画を

皆さんは、絵画を買ったことがあるだろうか?

素晴らしい絵画はみるだけで、心が洗われるような気分になり、日々の暮らしをより豊かなものに変えてくれるだろう。

しかし、絵画を買う上でネックとなるのは、絵画そのものの高さと、ずっと同じ絵だと飽きてしまうことだろう。

模写した絵や版画なら幾分安く済むけれども、それも根本的解決にはなり得ない。

しかし、低価格で、様々な絵画を見ることができる商品が発売された。

それが、スマートライフ研究所から発売された電子キャンパス「ミューラル」である。

 

たくさんの絵画を楽しめる

この商品は、たくさんの絵画をスライドショーで見ることができる。

もちろん、スライドショーをせずに、ずっと同じ絵画を表示し続けることもでき、さらには自分たちが撮った写真を使ったスライドショーもできる、非常に多機能な商品だ。

もちろん画質も良好だ。

液晶は1920×1080のフルハイビジョン画質であり、液晶はアンチグレア処理を施したIPS方式なので、液晶の光沢感もなく、まるで本物の絵画のような質感が楽しめるのである。

さらに、モーションセンサーもついており、直感的操作も可能だ。

 

膨大な作品数!

この商品メンバーーシップカードを購入することで、なんと3万点以上の絵画を見ることが可能なのだ。

この数字がどれほどの数であるかというと、ルーブル美術館の常設展示作品数が2万6戦ほどである。

広大な面積を誇るルーブル美術館に展示されている作品より多いと考えるとこの数が極めて莫大な寮に思えるだろう。

もちろんこの鑑賞できる絵画は有名なものが揃っている。

モナリザやヴィーナスの誕生といったルネサンスの作品やゴッホやルノワールといった印象派の作品、さらには現代の名作まで、幅広く揃っている。

鑑賞できるのは西洋の作品だけに限らず、北斎や歌麿といった浮世絵の巨匠たちの作品をも鑑賞できる。

さらに、毎週絵画が更新されるため、鑑賞できる作品も日に日に増していくだろう。

もちろん、メンバーシップカードを購入しなくても、37点の作品がすでにダウンロードしてあり、購入者専用サイトでは100点ほどの作品を無料でダウンロードできる。

 

新進気鋭のアーティストの作品も楽しめる

この商品では巨匠と言われる有名で歴史的な画家の作品だけを鑑賞できるというわけではない。

最先端をゆく芸術家の作品も楽しめるのだ。

さらに、メンバーシップ会員になると会費が彼らの支援金となり、スポンサーになることができる。

美術の発展をサポートできるのだ。

 

最後に

気に入っていただけただろうか?

 電子キャンパス「ミューラル」の価格はスタンダード(ホワイトもしくはブラック)が9万9,000円、プレミア(ウォルナット)が12万4,000円、メンバーシップカードが4,445円(いずれも税別)だ。

家にいながらでも美術を身近に感じられるこの商品。

気に入ったらぜひ考えていただきたい。