リンダマンワールド

ノマドで住所は地球な生き方をしながら、ライフハックを追求する自由人 林田真一(リンダマン)公式オフィシャルサイト。

ノマドで住所は地球な生き方をしながら、ライフハックを追求する自由人 林田真一(リンダマン)公式オフィシャルサイト。

Lindaman.World | 林田真一(リンダマン)公式オフィシャルサイト

より良い議論をする方法

 

f:id:nomind:20180606221518j:plain

問題が発生した時、どれほど知識を蓄えていても、状況を分析し、うまい対処法を考えついて実行に移さなければ意味がない。

今回は、そのような時に有効な議論の方法を紹介しよう。

 

1.ブレインストーミング

ブレインストーミングを聞いたことのある人も多いだろう。

この方法は、とにかく自由に多くのアイデアを出す方法である。

アイデアを出すにあたって気をつけないといけないことが4つある。

 

1つ目は、出したアイデアを否定したり、ケチをつけるようなことはせず、受け入れることだ。

一見間違っているようなアイデアでも、実は有用なものもあるかもしれないからだ。

 

2つ目は、突拍子のないアイデアもしっかり受け入れることだ。

1つ目のと同じように、突拍子のないアイデアでも有用になりうる。

 

3つ目は、とにかくたくさんのアイデアを出すこと。

細かいことにとらわれず、できるだけ多くのアイデアを出していけば、その中にいいアイデアが見つかる可能性が上がるからだ。

 

4つ目は、他人の意見に便乗した意見でもその人の意見としてしっかり受け入れることだ。

そのような意見でも元の意見を補足していたり、改良していたりと有用な点が多く見られるからだ。

 

このように多くの意見を募ることで有用な意見を掘り出してゆくのがブレインストーミングという方法だ。

 

この方法の欠点は、発言力が大きかったり、地位が高い人の意見がどうしても持ち上げられてしまうことが多く、逆に内気だったり、地位の低い人の意見が活かされにくいというデメリットがある。

また、否定や批判をしてはいけないので、反対意見を出しにくい。

この方法で議論するときは、メンバー全員が何を議題にするのかをはっきりとして、しっかり議題について理解しなければならないだろう。

けれども、いいアイデアが出ない時には、ブレインストーミングをして、意見を出し合っていくのは有効な方法である。

 

2.ブレインライティング

この方法はブレインストーミングと非常によく似ているが、大きな違いが一つある。

それはアイデアを紙に書いていくことだ。

ブレインストーミングと同様、意見をどんどん出していくが、順番にアイデアを紙に書いていくことで、発言力のある人だけではなく、内気な人たちの意見も取り入れることができる。

さらに、人の話を聞かなくてもいいので、じっくり考えてアイデアを書き込むことができる。

 

しかし、この方法にも問題がある。

それは、他の人の意見を聞くことがないので、意見の補足をしづらいのだ。

 

この問題は、アイデアを書いた紙を交換していくことによって他の人の意見を取り入れることで回避できる。

ブレインストリーミングの後にこの方法をやってもいいだろう。

この方法は、ブレインストーミングが発言力を持った人の独壇場となってしまった時には非常に効果的だ。

 

3.ゴードン法

この方法は前述の2つの方法とは少し異なる。

前述の2つの方法では、常識や自分の知識の囚われてしまっていると、良質かつ雑多なアイデアを出せなくなってしまう。

 

そんな時に、議題を少しぼかしたり、少し異なる似たようなテーマに変えて、ブレインストーミングを行うのが、このゴードン法である。

 

この方法では、具体的な方法論にとらわれずに、抽象的にすることで、より幅広いアイデアを出すことができるのである。

前述の方法でアイデアが尽きてしまった時にこの方法を行えば、大きな効果が得られるだろう。

 

4.シックスハット法

この方法は、6つの視点で議論をして意見を出し合う方法である。

議題の順番は決まっており、まず議論の現状を確認する。

何を今、議論するかや、議論の段階、これまで何を議論してきたかなどを確認する。

 

その次に、事実確認を行うことだ。

議論するテーマの内容に関する情報について出し合うことで、事実の共有を図るのだ。

 

そして、メリットデメリットに関する意見を出し合うのだ。

メリット、デメリット、それぞれ別々の時間に意見を出し会わなければならない。

 

その後、これらを踏まえて新しい意見を出していく。

 

最終的に、これらの意見の是非を議論し、詳しく検証したり、必要に応じてアイデアを整理していくことで、より良いアイデアを追求していく。

 

この方法をとる時に注意したいのは、同じ視点で議論していかなければならないという点だ。

何を話すのかをみんなで共有しなければ、意見がまとまらずに終わってしまう。

この方法は、具体的に何を議論すればいいのかがはっきりしている時に有効だ。

 

これらの方法をうまく使い分けてより身のある議論を出していこう。