リンダマンワールド

リンダマン(林田真一)公式オフィシャルサイト

リンダマン(林田真一)公式オフィシャルサイト

Lindaman.World | 林田真一(リンダマン)公式オフィシャルサイト

働く人が減れば生産性は向上、賃金も上がる


 人口減少に伴い、わが国では今後就業者数が減ることが予想されている。5月21日に経済財政諮問会議で公表された「2040年を見据えた社会保障の将来見通し」によると、2018年に6580万人である就業者数は、2025年には6353万人、2040年には5654万人になるという。2025年から2040年までに就業者数は、年率0.8%で減少していく。