リンダマンワールド

ノマドで住所は地球な生き方をしながら、ライフハックを追求する自由人ハヤシダシンイチ(リンダマン)公式オフィシャルサイト。

住所は地球な生き方をしながら、ライフハックを追求する自由人 ハヤシダシンイチ(リンダマン)公式オフィシャルサイト。

Lindaman.World | 林田真一(リンダマン)公式オフィシャルサイト

働き方改革、残業規制で、私たちの生活はどうなるの?

f:id:nomind:20180616133241j:plain

最近、働き方改革という問題が、政治の中で、ニュースの中で、大変話題になっている。

森友学園、加計学園やサッカーのW杯以上に、私たちの収入や生活を大きく左右するものであるに違いない。

 

自分が高度プロフェッショナル人材であるのかどうかや、残業規制に間することは、私たちの、所得に直結する。

 

とりわけ、残業規制は、多くの人々に影響を与える。

 

日々の残業代、それは非常に莫大な金額であり、私たちの生活にはなくてはならないものであろう。

 

どれほどの影響があるだろうか?

 

消費税増税よりもインパクトが大きい可能性も

皆さんは、収入のどれほどを残業代が占めているだろうか?

 

自分の給与明細を見てみればわかると思うが、収入の何パーセントを占めているだろうか?

 

毎日夜遅くまで、残業で働きづめの方は、非常に多くを残業代で稼いでいるのであろう。

 

しかし、働き方改革で、残業が規制されてしまうことで、今までのように残業代を稼ぐことができない。

 

もし、あなたの収入の5%、10%が減ってしまうのならば、消費税増税よりもあなたの家計にインパクトがあるに違いない。

 

払った税金は、社会保障や公共サービスなどで私たちに還元されることはあっても、残業をしないことで、残業代を稼ぐ機会を失ってしまい、手元に残るものは時間だけになってしまう。

 

家計以外にも大きな影響

もし、このように長時間、残業をすることも不可能になり、収入も大きく減ってしまう人が、日本中、溢れかえるのである。

 

非常に日本経済に与えるインパクトは甚大であることに間違いはない。

 

さらに、働く時間を減らすことになると、私たちがこなすことのできる仕事の量も大きく減ってしまう。

 

そうなると、もはや一個人の家計の問題ではなくなる。

 

環境の変化に苦しむ企業

ここ最近の情勢の変化もあってか、企業の全体の仕事量は増加している。

 

このような時、企業はどうすればいいのだろうか?

 

それは生産性の向上しかありえない。

 

ただでさえ危機的な人手不足に加え、今度は、残業規制ときた。

 

このような状況においては、少ない時間、少ない人数で多くの仕事を成し遂げるしか方策はないであろう。

 

現在、企業は人手不足を残業で補っており、最近は残業時間が伸び続けている。

 

そのような状況の中で、どのような方法を用いて人手不足の中で、少ない時間で大きな成果を得ることができるのか。

 

企業の手腕が試されるばかりだ。

 

国民や企業のための働き方改革だが、この改革によって、収入減少、企業の業績悪化で日本経済が停滞しないように、どのような方策が取れるのだろうか?