リンダマンワールド

ノマドで住所は地球な生き方をしながら、ライフハックを追求する自由人ハヤシダシンイチ(リンダマン)公式オフィシャルサイト。

住所は地球な生き方をしながら、ライフハックを追求する自由人 ハヤシダシンイチ(リンダマン)公式オフィシャルサイト。

Lindaman.World | 林田真一(リンダマン)公式オフィシャルサイト

外国人インフルエンサーが日本を宣伝?

f:id:nomind:20180624180532j:plain

近年、外国人観光客が日本を多く訪れている。

 

彼らは何を参考にして観光しているのだろうか?

 

テレビ番組?ガイドブック?ホームページ?

 

近年は日本同様に外国人観光客もSNSを利用した情報収集をしている。

 

それは…

 

インフルエンサーだ。

 

インフルエンサーとはここ最近新しくできた職業であり、YouTubeやInstagramなどのSNSで情報発信をしているネットセレブであり、彼らがイベントや製品を紹介すると瞬く間にその商品が有名になってしまうのである。

 

そんなインフルエンサーの影響力を見てみよう。

 

圧倒的影響力を持つインフルエンサー

日本でもYouTubeなどで活躍する有名人は非常に強い影響力があるが、海外でも同様だ。

 

さらに、英語圏や中国語圏は日本語圏よりも非常に人口が多いため、影響力も桁違いだ。

 

中国人観光客によるドラッグストアでの爆買いが話題となっているが、彼らはどのような商品を買っているのだろうか?

 

見知らぬ異国の店舗で彼らはどのようにして商品を選ぶのだろうか?

 

実はインフルエンサーが強く関わっているのである。

 

インフルエンサーがどのような商品がオススメかと言っているかを聞いて、それを品選びの参考にするのである。

 

そんな情報を発信する人気インフルエンサーには日用品のメーカーからも自社の商品を紹介して欲しいというオファーが殺到しており、影響力の強さがよくわかる。

 

生配信でありのままを

最近ではライブ配信という制度によって、一般の視聴者とインフルエンサーが直接コミュニケーションを取れるようになってきている。

 

これを使って日本のありのままの情報を海外の視聴者に見せることができるのだ。

 

また、インフルエンサーも視聴者がどのような情報を求めているかをリアルタイムで知ることができる。

 

これが今までのメディアと違うところだ。

 

インフルエンサーの魅力

インフルエンサーは出版やマスコミと違い、個人で情報発信をすることが多い。

 

そのため、スポンサーや投資家などの意向を気にすることなく自由に情報発信ができるのだ。

 

さらに、自由なありのままの一個人が情報発信をしているため、他のメディアよりも個人の感想に基づいた意見を聞くことができるのだ。

 

彼らインフルエンサーはガイドブックなどと違って不平不満を漏らすこともある。

 

けれども外国人はいい情報だけでなく悪い情報も欲しがっているのだ。

 

このような生の情報を参考にして日本の観光地を盛り上げていくべきだ。

 

まとめ

日本だけでなく、世界中にSNSで築かれた情報網が張り巡らされている。

 

日本人だけでなく、外国人の評判を気にしていかねばならないだろう。

 

一旦広まってしまった悪評は世界中に広まってしまって戻らない。

 

私たちもSNSを慎重に有効活用していくべきだ。