リンダマンワールド

ノマドで住所は地球な生き方をしながら、ライフハックを追求する自由人ハヤシダシンイチ(リンダマン)公式オフィシャルサイト。

住所は地球な生き方をしながら、ライフハックを追求する自由人 ハヤシダシンイチ(リンダマン)公式オフィシャルサイト。

Lindaman.World | 林田真一(リンダマン)公式オフィシャルサイト

フリーランスと会社員の考え方の違い

f:id:nomind:20180627204912j:plain

会社の元ではなく、自分一人が独立して仕事をするフリーランス。

 

ネットの普及もあり、非常に普及している。

 

会社に縛られたり、会社の経営状態で収入が左右されることがないため、非常に人気がある。

 

けれども、副業でフリーランスのお仕事をやっているのならともかく、専業でフリーランスをやっていこうとなると、会社員とは全く勝手が違ってくる。

 

どのような差があるのか見てみよう。

 

お金になるのは自分の能力だけ

会社員時代は、年俸や月給、残業代など時間に応じて給料が支払われていたが、フリーランスになってしまうと成果で報酬が支払われるため、努力のアピールやかけた時間よりも出した成果が報酬を決めてしまう。

 

常に高い結果を出し続けないと、高い報酬を得ることができない。

 

そのためには常に自分の能力を伸ばせるように研鑽を積まなければいけない。

 

自分の能力だけでやっていくということは、このように非常に厳しいものである。

 

交渉力をつけよう

会社員時代は、得意なスキルに集中しておけば、あとは他の人が営業や研究などをやってくれていた。

 

けれども、フリーランスはそれとは違い、自分一人で営業や契約をやらないといけない。

 

どんなに高いスキルがあっても売る相手がいなければ意味がない。

 

さらに、契約でいい条件を得ることができなければ、あなたは自分を安売りしなければならず、非常に苦しい立場に立たされる。

 

今までの人脈以上に売り込む相手を探していかなければならないし、より良い条件を引き出せるような交渉力をつけなければいけないのだ。

 

非常に弱いフリーランスの立場

フリーランスという立場は法律的に非常に曖昧だ。

 

会社員、つまり被雇用者というものは法律でしっかり定義されており、労働法という法律によって働き方や雇用契約などの面で非常に大切に守られている。

 

しかし、フリーランスは会社から雇われておらず、被雇用者ではない。

 

そのため、労働法の適用はされず、全く保護されないのだ。

 

非常に厳しい立場であるというのはお分かりいただけただろうか?

 

しかし、いいニュースがある。

 

最近のフリーランスという働き方の広まりによって国会ではフリーランスを保護する法律を作っているようである。

 

フリーランスの地位の向上が待たれよう。

 

非常に高いマネジメント力

会社では自分を律してくれるような上司や同僚などがいるが、一匹狼のフリーランスにはそんなものはない。

 

サポートを得られるのが少ない中で、自分自身がしっかり努力していくこと、欠点を補っていくことが非常に重要だ。

 

また、契約の管理もしっかり行わなければいけない。

 

契約は分かりやすいように書面で行おう。

 

もちろん書類の管理も忘れずに。

 

このような時、頼れるフリーランス仲間がいれば非常に助かる。

 

フリーランスも厳しい

現在、こんなにフリーランスが注目されているのは、企業の不信感によるものと言わざるを得ない。

 

ブラックで反社会的な企業で働くよりはいっそフリーランスを目指したくなるのも当然だ。

 

けれども、フリーランスでもリスクは大きい。

 

他の企業に転職したり、フリーランスを副業にすることから始めてみてもいいだろう。