リンダマンワールド

ノマドで住所は地球な生き方をしながら、ライフハックを追求する自由人ハヤシダシンイチ(リンダマン)公式オフィシャルサイト。

住所は地球な生き方をしながら、ライフハックを追求する自由人 ハヤシダシンイチ(リンダマン)公式オフィシャルサイト。

Lindaman.World | 林田真一(リンダマン)公式オフィシャルサイト

若者に広がる銀行オワコン論

f:id:nomind:20180627211326j:plain

皆さんは銀行員というものをどう捉えているだろうか?

 

もちろん、銀行といってもメガバンクから、大きな地方銀行、小さな地方銀行、信用金庫などと様々な種類の銀行があるし、銀行員といっても様々である。

 

けれども、多くの人は銀行員といえば、責任が重く大変だが、給料は高く、エリートで安定した仕事であると思っている人も多いであろう。

 

けれども、最近の若者、とりわけ就活生は銀行、たとえメガバンクのような超一流銀行であっても、銀行への就職に魅力を感じないという若者が増えていっている。

 

なぜだろうか?

 

銀行の魅力とは

銀行とは、資本主義社会において社会に不可欠なお金を司る経済の中枢であり、銀行に努めるということは、資本主義の中枢に触れることができ、さらには経済や金融の専門的な知識や高い報酬を得られることのできる場所として古くから非常に人気があり、優秀な人材が集まってきた。

 

しかし、ここ最近の日本経済の低迷によって銀行は国内で利益を出すのが難しく、低金利もあって利潤を出すのが非常に難しくなってしまっているのだ。

 

大きな利益を求めようにも、安定した収入があまりにも少ないと強気な行動をとることなど到底できそうになく、非常に消極的な行動をとる他ない。

 

事実、銀行業界はジリ貧となっている銀行もあり、とりわけ衰退が激しい地方の地方銀行や信用金庫では融資で利益を得ることは非常に難しい。

 

その結果、銀行員のリストラや給与削減、採用数削減によって銀行員になりたいという人が減っている。

 

このことは、日本が不況を経験するたびになんどもなんども実感するような風物詩のようなものになってしまっている。

 

けれども、就活生の銀行離れはここ最近で加速してしまっているのだ。

 

それはなぜだろうか?

 

AIやネットの脅威

銀行は優秀な人材を高賃金で雇っている。

 

このことは今まででは銀行のブランドイメージや、銀行員の優秀さを確保する上で一定の成果になっていた。

 

けれども近年は融資などにおけるAIの活用や、ネット銀行によって多数の銀行員を抱える従来の銀行に逆風が増えている。

 

AIによって客観的な審査がハイスピードでできるようになり、さらに安全性も高く、十分に信頼に値するような審査ができてしまっているのだ。

 

また、ネット銀行も利便性が高く、対応も迅速かつ丁寧で実店舗の銀行には引けを取らない。

 

さらにネット銀行は従来の銀行よりも従業員が少なく人件費を抑制できる。

 

そのため利息も高く、利子は安い。

 

このため従来型の銀行からネット銀行へ預金が流出したり、AI導入による人員削減が行われたりしている。

 

銀行はかつてなく激しい競争にさらされてしまっているのだ。

 

このように苦境に喘ぐ銀行に見切りをつける就活生が増えている。

 

銀行は魅力を取り戻すことができるだろうか?