リンダマンワールド

ノマドで住所は地球な生き方をしながら、ライフハックを追求する自由人ハヤシダシンイチ(リンダマン)公式オフィシャルサイト。

住所は地球な生き方をしながら、ライフハックを追求する自由人 ハヤシダシンイチ(リンダマン)公式オフィシャルサイト。

Lindaman.World | 林田真一(リンダマン)公式オフィシャルサイト

衰退するコンパクトデジタルカメラ

f:id:nomind:20180628072855j:plain

みなさん、最近コンパクトデジタルカメラを使っているだろうか?

 

コンパクトデジタルカメラとは手のひらサイズくらいのデジタルカメラで、非常に持ち運びが便利である。

 

コンパクトデジカメ最盛期

10年前くらい前では、コンパクトデジタルカメラを旅行した時や仕事の時、イベントの時などによく持ち歩いている人が多かった。

 

観光地では多くの人がコンパクトデジタルカメラを持って記念撮影に興じる人が多かったし、運動会などではコンパクトカメラを手にした親が身を乗り出して撮影をしているという光景がよく見えた。

 

10年ほど前は、コンパクトデジタルカメラは価格も1万円台でソコソコの品質のものが変えて、画質もフィルムのカメラと遜色がなかったし、何よりもフィルムを消耗しないという点がカメラがうまくない人にも好評であった。

 

さらに、ライバルも少なかった。

 

携帯電話のカメラ機能も非常によく使われており、よほどカメラに特化した機種でなければ、非常に画質が悪く、画像を2倍や4倍にズームすると画像の粗がよく見えた。

 

当時の並みの携帯電話ではデジタルカメラに到底太刀打ちできなかったのである。

 

このように、コンパクトデジタルカメラは安くて手軽に使える万能選手として、趣味や仕事などで非常に広く使われてきた。

 

けれども、最近はコンパクトデジタルカメラを使うことがほとんどなくなってきた。

 

しまいには、家電量販店でもコンパクトデジタルカメラをほとんど揃えていないというところが出てきている。

 

定員に聞いてみると、店頭どころか、バックヤードにも置いていないのである。

 

手軽に高画質な写真を撮りたいと考えている人にとっては非常に辛いことである。

 

なぜこんなことになってしまったのだろうか?

 

コンパクトデジタルカメラの現状

まず、コンパクトデジカメの衰退は、スマートフォンの発展によるものが大きい。

 

スマートフォンのカメラの高品質化によって低品質なコンパクトデジタルカメラをはるかに超えるような画質の写真を撮ることができるようになってしまった。

 

これによって低品質なデジタルカメラは駆逐されてしまったのである、

 

さらに、スマートフォンのカメラは操作性が高い。

 

ピントの調整や露出の調整をタッチパネルで操作でき、非常に操作しやすい。

 

これらの結果、ただ手軽に写真を撮りたいと考えている層はコンパクトデジタルカメラ市場から離れていった。

 

さらに、スマートフォンは写真を撮る以外の多彩な用途がある。

 

わざわざコンパクトデジカメを買おうと考える人が少なくなるのも当然だ。