リンダマンワールド

ノマドで住所は地球な生き方をしながら、ライフハックを追求する自由人ハヤシダシンイチ(リンダマン)公式オフィシャルサイト。

住所は地球な生き方をしながら、ライフハックを追求する自由人 ハヤシダシンイチ(リンダマン)公式オフィシャルサイト。

Lindaman.World | 林田真一(リンダマン)公式オフィシャルサイト

誰でもモデルに!フリーランスモデル!!!

f:id:nomind:20180630215008j:plain

モデルといえばどのようになることができるだろうか?

 

芸能事務所のオーディションを受けるか、それとも渋谷のような大都会でスカウトされるかが思いつく。

 

しかし、いずれもあまりにも難関で厳しい道のりだ。

 

モデルになりたくても、芸能事務所の厳しい審査を通り抜けなければいけないし、スカウトがたむろしているような街に行ってスカウトに見染められない限りモデルにはなれない。

 

そんなイメージもあってかそうそうモデルなんてなれる仕事ではないというイメージがあった。

 

けれども、近年は事務所に所属しなくてもモデルになることができる。

 

どのような方法だろうか?

 

企業と直接モデル契約!!!

最近では、インターネットでモデルを必要としている企業と私たちを仲介してくれるサイトがある。

 

応募するには専業のモデルである必要がなく、あなたは仕事の内容や報酬額、日程などをチェックして本業に差し支えのない本業に差し支えのない日にやりたい仕事を応募することができる。

 

そして、企業は応募してきた人を審査にかけ、審査に通った人を採用する。

 

そして採用されれば、あなたはモデルになることができる。

 

他の仕事と両立しやすいし、わざわざオーディションやスカウトを受けなくてもいいため非常に手軽である。

 

なぜこのような事態になったのか?

しかし、あなたはなぜこのようになったのだろうか?

 

それは、インターネットの普及もあり、広報用のモデルが必要とされるようになってきているからだ。

 

宣伝などでモデルを必要としている企業はあまりにも多く、芸能事務所といちいち契約する時間もお金もない企業も多い。

 

フリー素材も最近は充実しているが、自分たちの都合に応じてカスタマイズすることはできない。

 

そんな時にモデルと直接契約できたら非常に便利だし、融通も利く。

 

企業にとって、非常に便利なものになっている。

 

もちろんモデル側にもメリットがある。

 

不景気になると収入や仕事も少なくなってしまうし、いつまでもモデルとしてやっていけるかわからない。

 

そんな不安を抱えずに、本業があることで専業モデルの不安を拭い取ることができる。

 

実にウィンウィンな関係ではないだろうか?

 

フリーランスモデルにはデメリットもある

もちろんメリットばかりではない。

 

フリーランスで、モデルの事務所がないので、モデルのドタキャンや急なトラブルが多い。

 

代わりのモデルが仲介会社から紹介されるなど、バックアップはあるものの、どうしてもリスクが高くなってしまいがちだ。

 

けれども、手軽にモデルと契約できるし、モデルへの敷居も下がっている。

 

フリーランスモデルの躍進が待たれる。