リンダマンワールド

ノマドで住所は地球な生き方をしながら、ライフハックを追求する自由人ハヤシダシンイチ(リンダマン)公式オフィシャルサイト。

住所は地球な生き方をしながら、ライフハックを追求する自由人 ハヤシダシンイチ(リンダマン)公式オフィシャルサイト。

Lindaman.World | 林田真一(リンダマン)公式オフィシャルサイト

優秀な人材を獲得するには

f:id:nomind:20180712074704j:plain

近年人手不足によって、若い力を欲しがっている企業が増えている。

 

けれども、新卒採用は人気業界と不人気業界の差が非常に激しく、人気企業には人が集中するけれども、不人気業界は人手不足に非常に苦しんでいる。

 

採用担当者も、自社の魅力をアピールするために知恵を絞っており、広報活動に全力を注いでいるだろう。

 

けれども、どんなに知恵を絞っていいアイデアを出しても人材が集まらないと嘆きたくもなるだろう。

 

しかし、ちょっとしたことをするだけで、人材が集まりやすくなる。

 

いくつか紹介しょう。

 

就活フェスでは人気企業のブースの隣に

あえて、人気企業の隣に位置しよう。

 

人気企業と不人気企業が隣にいると、自社の残念さが際立たないかと危惧する方も多いだろう。

 

しかしながら、不人気な企業は就活生を集めるために知恵を絞ってきた。

 

対して、人気企業は黙っていても就活生が集まるため、実はそんなには就活生を集めるために知恵を絞っているというわけではない。

 

なので、超人気企業の企業紹介とはつまらないものだ。

 

そんな超人気企業の隣で、面白い企業説明をやったら、就活生は食いつくに違いないだろう。

 

今までとは劇的に人を集めるのが容易になるに違いない。

 

就活フェスでの位置取りは、黙っていたら勝手に決められてしまう。

 

運営会社と交渉することで好位置を狙ってみよう。

 

面白いビジネスモデルを提言する

多くの場合、新卒は社会を知らない。

 

そのため、大抵の就活生はとにかく大きくて安定した企業に入りたいと思っている。

 

就活生の人気企業ランキングを見てみたら非常によくわかるであろう。

 

しかし、人気がない企業でも、特色がないわけでも、ビジネスモデルが悪いというわけでもない。

 

そのため、企業は自分たちの企業の特徴をアピールしていこう。

 

自分の企業でしかできないことをアピールしていけば、自分たちのビジネスに興味を持った就活生が集まってくる。

 

ここで働きたいという気分にさせてみよう。

 

就活生に対して気前よく振る舞おう

一人を採用するために企業は非常に大きな費用をかけている。

 

これ以上、就活生にお金をかけるのは勿体無いと思っている企業も多いだろう。

 

けれども、就活生を惹きつける安価で効率的な手段がある。

 

それは、就活生を高級なお店に連れていくことだ。

 

普段行かないようなお店に招待された、就活生は自分は大切にされていると思い、企業に対し感謝するだろうし、企業側も、就活生の話を聞いたり、様子や態度をしっかり観察することができる。

 

そのためには高級店での出費も痛くはない。

 

以上の方法がある。

 

不人気企業といっても、労働条件が悪いというわけでも経営が悪いというわけでもないだろう。

 

少しでも採用に一工夫加えれば、優秀な人材を手に入れやすくなる。

 

優秀な人材で企業を活性化しよう。