リンダマンワールド

ノマドで住所は地球な生き方をしながら、ライフハックを追求する自由人ハヤシダシンイチ(リンダマン)公式オフィシャルサイト。

住所は地球な生き方をしながら、ライフハックを追求する自由人 ハヤシダシンイチ(リンダマン)公式オフィシャルサイト。

Lindaman.World | 林田真一(リンダマン)公式オフィシャルサイト

自動車業界に訪れる新たな変化とは

f:id:nomind:20180714182823j:plain

日本で非常に盛んな業界といえばやはり自動車業界であろう。

 

トヨタ、ホンダ、日産、マツダなど、世界的な自動車企業が揃っている。

 

中でも、トヨタの業績は凄まじいとしか言いようがない。

 

トヨタは、近年、業績が好調であり、利益も2兆円と凄まじい。

 

しかし、このような超巨大優良企業であっても、油断はできない。

 

なぜなら、これからの時代、自動車業界では、電気自動車や自動運転車などといった新技術の開発が非常に速いスピードで進歩しているからだ。

 

さらに、これらの開発は自動車業界以外の幅広い業界で行われており、ライバルは非常に多い。

 

これからの自動車業界はどうなるだろうか。

 

遅れている自動運転技術

海外では、これからは電気で走る自動運転車がこれからの自動車業界を牽引するのではないだろうかという見方が広がっている。

 

実際に、見本市でもこれらの商品が多数出品されており、商品化されるのも時間の問題であろう。

 

しかし、日本国内ではまだまだ進んでいない。

 

日本で話題になっている自動運転技術といえば、せいぜい事故を防ぐための、自動ブレーキや、前方との距離把握技術が主流であり、まだまだ自動運転とはいえず、運転支援技術でしかない。

 

これは、リスクを過度に恐れる日本人の思考や、行政の多すぎる規制によるものであろう。

 

これでは、いつまでたっても技術が発展しない。

 

このままでは海外に追い越されてしまうだろう。

 

日本も官民一体となって自動運転技術を発展させるべきである。

 

今までの技術を切り捨てる覚悟も必要

しかし、さらに問題がある。

 

それは、電気自動車に関する問題だ。

 

昔は、バッテリーの性能が悪く、長距離を走ることができなかったが、近年はその問題も解消されつつある。

 

電気自動車のメリットは、排ガスを出さず、ガソリンや軽油で走るような自動車よりも、エネルギー効率が良く、環境に優しい点だ。

 

さらに、電気自動車はガソリン車よりも技術が単純であり、多くの企業が進出している。

 

今以上に、技術が発展したら、電気自動車が従来のガソリン車を押しのけて主流となるかもしれない。

 

しかし、電気自動車が主流になるということは、自動車のエンジンなど、ガソリン車に特有な部品を設計、製造していた技術者を切り捨てなければならないということを意味している。

 

このような状況にどう対応するかが正念場だ。

 

日本のために

自動車産業は、関連産業も多く、多くの人が携わっている。

 

そんな自動車産業が衰退してしまうと、多くの失業者が現れかねない。

 

日本の産業と雇用を守るためにも自動車業界には常にいいものを取り込むという心意気を抱いてほしい。