リンダマンワールド

ノマドで住所は地球な生き方をしながら、ライフハックを追求する自由人ハヤシダシンイチ(リンダマン)公式オフィシャルサイト。

住所は地球な生き方をしながら、ライフハックを追求する自由人 ハヤシダシンイチ(リンダマン)公式オフィシャルサイト。

Lindaman.World | 林田真一(リンダマン)公式オフィシャルサイト

子供の才能を伸ばすためには

f:id:nomind:20180718210646j:plain

幼少期、それは非常に貴重な時間である。

 

子供には多くの可能性がある。

 

けれども、彼らの可能性を開花させることは非常に難しい。

 

なので、子供の頃に才能の片鱗を見せたとしても、大人になったらただの人というパターンも珍しくない。

 

子供を大きく成長させるためにはどんな方法をすればいいのだろうか?

 

今回は子供を成長させる方法について話していこうと思う。

 

子供にあった教育をしよう

子供を伸ばす教育、それは他でもない子供のために行うものである。

 

なので、親が無理やり教育をさせるのでなく、子供に沿った教育をする必要がある。

 

好きこそ物の上手なれという言葉があるが、好きなことには没頭しやすく、集中することで、子供の能力が鍛えられるのである。

 

同じような教育であっても、子供にあった教育をすることで、非常に大きな成果を得ることができるのだ。

 

自主性を与えよう

子供だからといって、なんでも親が管理してはいけない。

 

もちろん、子供を危険な目に遭わせることはよくないことであり、気にしないといけないことである。

 

けれども、子供はいつか自立し、自主性を持って行動する大人にならないといけない。

 

それに備えるためには常に自分で考えることが必要である。

 

なので、たとえ小さな子供であっても自分自身が考えて行動することが大事だ。

 

手取り足取り教える時もあるけれども、時には子供に自主的の行動させる機会を与えよう。

 

それが子供たちの未来を切り開くためには必要である。

 

生きる上で必要なことを身につけよう

子供を教育するとなると、どうしても英才教育などを思い浮かべてしまいがちであるが、大事なことは知識以外にも色々ある。

 

幼少期は、子供がこれから学校に行くに当たって、必要な社会性や常識、身体能力、精神力などを身につける必要があるのだ。

 

これらは社会生活をする上でなくてはならないものである。

 

これらを身につけることで、教養や知識が活かせるようになるのである。

 

どうしても教育といえば知識偏重になりがちな面があるが、知識以外の側面も大切にすべきだ。

 

子供の成長力を大切にしよう

変に教育熱心になって知識偏重となり、それ以外の面がおろそかになってしまうことは、非常に悪いことであるが、だからといって教育に手を抜けばいいということではない。

 

子供は実に高い吸収力を持っている。

 

そのような時期に、いくら子供が大人しくなるからといって、闇雲にテレビやスマホなどをずっとやらせるのは良くない。

 

感受性のいい時期だからこそ、子供に色々な経験をさせるべきだ。

 

より良い子育てをするために

子供を持つ親は、仕事に育児に家事にと、多くの場合とても忙しく、子供の教育に気を配れないし、配れたとしても幼稚園や塾などに任せっきりなケースも多いのではないだろうか?

 

けれども、子供の良さを引き立て、将来に向けて強みにするためには子供の教育は非常に重要なことであり、心に刻むべきであろう。