リンダマンワールド

ノマドで住所は地球な生き方をしながら、ライフハックを追求する自由人ハヤシダシンイチ(リンダマン)公式オフィシャルサイト。

住所は地球な生き方をしながら、ライフハックを追求する自由人 ハヤシダシンイチ(リンダマン)公式オフィシャルサイト。

Lindaman.World | 林田真一(リンダマン)公式オフィシャルサイト

アジアで起こるAIイノベーション

f:id:nomind:20180730072717j:plainAIの登場は我々の予想を超えるスピードで色々な変化を引き起こしている。

 

私たちの生活も大きく変わっていくことだろう。

 

けれども、最大の変化は私たちの住むアジアで起こるであろうと予想される。

 

なぜアジアなのか、どのようにして変わっていくのだろうか。

 

福祉部門

アジアは非常に多くの人口を抱えており、有力な市場として注目されている。

 

けれども、人口が多いとどうしても社会的弱者も多いのである。

 

アジアは大金持ちがたくさんいる一方、貧しい人も非常に多い。

 

自力で這い上がることができる人も多いけれども、ハンディキャップなどを抱えて苦しい立場にいる人も非常に多い。

 

けれども、従来のままでは、彼らを救済することは難しい。

 

しかしながら、AIを利用したコンピューターを使うことで、今まで人手不足でできなかったきめ細かいケアもできるようになったのである。

 

これは非常に重要であると言えるだろう。

 

農業

アジアは非常に農業が盛んである。

 

何しろ人口が多いため、彼らが必要な分の食料を賄わなければいけない。

 

これは死活問題である。

 

もし、田畑からの収穫が悪ければ、たくさんの餓死者が出るかもしれないというリスクに晒されているのである。

 

けれども、アジアの農業には問題も多い。

 

肥料過多や灌漑のやりすぎなどといったような自然に負荷がかかるような農法を使用してしまうと、環境を破壊するばかりでなく、農業を衰退させることにつながってしまうのである。

 

それを防ぐためには、コンピューター、AIを有効活用することが重要だ。

 

機構などを分析し、適切かつ効率的な方法を農家に教えることで、持続可能な農業が可能になるのである。

 

これは、非常に重要な変化である。

 

省エネ

コンピューターが資源の節約に貢献していることがあるということを知っているだろうか?

 

身近な例を言えば、エアコンが挙げられる。

 

エアコンは、冷やしすぎたり、暖め過ぎることがなく、私たちが快適な温度を保ってくれている。

 

それは、コンピューターのおかげである。

 

エアコンに備え付けられたコンピューターが一定の温度を保つようにエアコンをコントロールしているのである。

 

さらに、気温を一定に保つだけでなく、これによって電気を節約できるのだ。

 

AIはそれをもっと広い範囲で行おうとしているのである。

 

これによって非常に大きなエネルギーが削減できると予測されているのだ。

 

教育

人材を育成する教育というのは不可欠である。

 

けれども、アジアは人口も多ければ、子供の数も多いのである。

 

これでは、生徒たちのケアをするのがなかなか難しく、授業についていけない生徒やドロップアウトしている生徒も多い。

 

このような生徒を生んでしまうことは社会的な損失である。

 

このような事態を防ぐためにAIを使うことで、このような生徒を減らすことができるであろうと言われている。

 

効率的な教育は重要である。

 

なぜアジアなのか

アジアでAIによるイノベーションが起こる理由。

 

まず一つは、人口や国土などが広いため、管理が難しい。

 

そのため、AIによって効率的に行う必要があるのだ。

 

2つ目は、設備投資の遅れによるものだ。

 

アジアは発展途上国が多いため、従来の方法では効率が劣っており、厳しいものがあった。

 

それをAIにより効率的に行う必要があるのである。

 

農業問題や環境問題は全世界の人間に重要なものだ。

 

ぜひともAIには期待していきたい。